HOME » 動画番組 スパイダー・チャンネル » 第42回 戦略づくりの前に考えるべきこと

動画番組 スパイダー・チャンネル

第42回 戦略づくりの前に考えるべきこと

テキスト版

戦略づくりにはその前段階で、考えるべきあるポイントが存在します。そのポイントを押えることで戦略はより具体的なものに変わるのです。逆にそのポイントについて考えないまま立てた戦略は、意味をなしません。このポイントについて解説します。

=================================

みなさんこんにちは、スパイダーの森辺です。
今日は戦略づくりの前に考えるべきことについてお話しします。このことを戦略を作る前に考えなければ、皆さんの戦略は全く意味をなしません。逆に、このことを戦略づくりの前に考えれば、皆様の戦略はより具体的なものに変わります。今日は戦略づくりの前に考えるべきことについて一緒に学んでいきましょう。

まず、最初に申し上げたいのは皆さんアジア新興国に進出する際に、考えなければならい、戦略を作る前に考えなければならない事は、皆さんが一体その 国でどの規模のビジネスを何年で作りたいのかということです。つまり、その国で5年で10億を作りたいのか、それとも5年で100億を作りたいのか。この 違いによって、皆さんの戦略は大きく変わります。例えば、5年で10億を作りたいのであれば、その10億を作るための投資はある程度限定的である。この図で言うと、Aのような曲線で進んでいく。しかし、もし5年で100億を作りたい。現実的に考えてM&Aをしないと5年で100億なんて作れません。したがって、Bのような曲線で投資が進んでいく。つまりは、皆さんが一体何年でいくらやりたいのかという目標 で戦略というのは大きく変わっていくのです。したがって、皆さんは戦略 を作る前に、その国に一体何年でいくらやりたいのかということを考えなければならない。
そしてこの何年でいくらというのは、前年比105%やるんだと、アジア新興国の経済成長の平均が5%だったとして、105%では市場の経済成長率スピードと同じ成長なので、何もしていなくても基本的には成長する。したがって戦略を作る意味は全くない。そうすると、105%以上の成長110%やるんだ、115%やるんだという目標があって、そのための戦略であるべきだし、また、競合が年間どれくらい成長しているのか、過去5年間くらいどのくらい成長してきて、向こう5年間どれくらい成長すると予測されるのかをベース に戦略を作っていくわけなので、この何年 でいくら望むのかということを考えることも重要なんですが、このいくらをいくら に設定するのかということも重要になるんです。

それでは皆さん、また次回お会いいたしましょう。